診療案内

白内障

目の中にある水晶体が濁る病気で、先天性、老人性、外傷性、糖尿病性などに分かれます。濁りが中心部に広がると、目のかすみやまぶしさ、ものが重なって見えるなどの症状がでてきます。白内障があっても視力が良好で症状が強くない場合は、点眼薬で進行を遅らせる治療をします。ただ点眼薬では症状や視力を改善させることはできないため、症状が強くなり日常生活に支障をきたすようであれば手術をおすすめしています。手術では、水晶体を取り除き、そのかわりに人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入します。当院では、ピントが1つしか合わない「単焦点眼内レンズ」、遠近両方にピントを合わせることができる「多焦点眼内レンズ(※)」の2種の眼内レンズから選ぶことができ、日帰り手術にも 応じています。手術後はアフターケアをさせていただきます。詳細はお問い合わせください。

(※)は自由診療です。詳しくは料金表をご確認ください。

緑内障

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害されることにより視野が狭くなる病気です。原因のひとつに眼圧(目の硬さ)の上昇があげられますが、日本人に特に多いのは眼圧が正常範囲内であるにも関わらず緑内障を発症する正常眼圧緑内障であり、眼圧が正常であっても緑内障を否定できるわけではないため注意が必要です。自覚症状は初期のうちはほとんどなく、気付かないうちに病気が進行していることがあります。原発開放隅角緑内障、正常眼圧緑内障、原発閉塞隅緑内障、発達緑内障、続発緑内障に分かれます。急激に眼圧が上昇すると、目の痛みや頭痛、視力低下、吐き気、嘔吐などの症状がでます。このような時はすぐに眼圧を下げる必要があり、治療が遅れると眼圧が下がってもみにくさが残ってしまいます。一度障害された視神経を元に戻す方法はなく、進行を食い止めることが大切で、早期発見・早期治療が重要です。基本的には点眼薬で治療を行いますが、点眼薬で眼圧が下がらず、緑内障が進行する場合レーザー治療や手術が検討されます。

糖尿病から目を守る

糖尿病の初期は自覚症状がほとんどないため軽視されがちですが、血糖の高い状態がつづくと、全身にいろいろな糖尿病の合併症を引き起こします。特に、網膜症、神経症、腎症は三大合併症といわれ、進行すると深刻な状態に陥ってしまうこともあります。通常、目の一番奥の眼底には網膜という神経の膜があり、多くの毛細血管があります。血糖が高い状態が続くと網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて眼底出血をしたりします。そのため、血液の流れが悪くなり、網膜に酸素や栄養素が不足し、これが糖尿病網膜症の原因となります。進行すると硝子体で大出血を生じたり、緑内障や網膜剥離を生じたりして失明することもあります。血糖のコントロールが大切ですが、それでも進行する場合はレーザー光凝固術や硝子体手術を行います。一度進行してしまうと、治療をしてもほとんど元の視力に戻すのは困難になるため、定期的に経過観察を行い、治療の時機を逸しない事が大切です。

先進医療とは?

先進医療とは、厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる医療技術です。当院では、白内障の多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術を実施しています。多焦点眼内レンズにより遠方と近方の視力の改善が可能となり、眼鏡依存度が軽減されるのが特徴です。手術の方法としては、まず眼球を切開して、水晶体の前嚢を切り取ります。次に、水晶体の核と皮質を超音波で砕いて吸入し、取り出します。その際、後嚢とチン小帯は残します。残した後嚢の中に眼内レンズを挿入します。先進医療の医療費は、基本的に患者さまの自己負担になります(※)。ただし、医療保険の先進医療特約に加入している患者さまは、実質自己負担なしで手術が受けることができます。詳細についてはお問い合わせください。

(※)は自由診療です。詳しくは料金表をご確認ください。