たかた眼科

たかた眼科

〒930-0926 富山県富山市金代343-1
TEL 076-422-3773

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます

医院案内

診療方針

待合室

当院では、常に患者さまの立場に立った診療を心がけています。
・ 専門用語でもわかり易く丁寧にご説明いたします。
・ 検査や治療を行う場合は、必ず事前にご相談・ご説明をいたします。
・ 些細な疑問や質問をいつでもお尋ねいただける環境作りに努めております。

 

診療科目

眼科

 

施設紹介

●屈折度測定/角膜曲率測定装置/調節力測定

NIDEK社製の最新式全自動屈折・角膜曲率半径測定装置および富山県では当院を含め2施設にしか導入されていないAccommodation Analyzer(調節検査測定ソフトウェア)を導入いたしました。これまで曖昧であった調節検査を、早く正確に行うことができるようになりました。
検査の難しい小児で、早く正確に測定ができる平成27年新発売の測定器も導入しました。検査指標がイラストになっていたり童謡が流れたり楽しい工夫がされています。

設備1
設備2

 

●非接触型眼圧測定/角膜厚測定装置

患者さんの眼圧測定検査のストレス軽減のため、機器から吐出される風を自動的に制御する測定装置を導入しております。非接触・短時間で中心角膜厚を測定します。
小児にはicare(アイケア)という麻酔なしで眼圧が測定可能な機器もあります。
設備3

 

●自動視野計

検査にかかる時間を短縮するため、世界的に信頼を得ているZEISS社製の最新式視野検査装置HFA-Ⅲ850を導入しました。加えて検査結果の正確な解析のためFORUMという専用の解析装置も導入しました。これまで以上に正確に病状を把握し、結果を治療に反映させることができます。
設備4

 

●非接触型光学式眼軸測定装置

眼軸長(目の長さ)を正確に測定することは、白内障手術の結果を左右する重要な要素となります。当院ではTOMEY社製の最新式光学式眼軸長測定装置OA-2000を導入致しました。従来のものより高速測定を可能にし、測定率が向上しており、目の状態をより正確に知ることができます。さらに角膜形状解析装置も備えております。

設備5

 

●眼底カメラ付光干渉断層計

現代の眼科診療において、網膜の状態を正確に知るために光干渉断層計は無くてはならないものです。当院ではNIDEK社製の最新機RS-330Duoを富山県で初めて導入いたしました。この装置は、目の奥にある網膜の断層写真が撮影可能で、失明につながるような疾患である加齢黄斑変性症や糖尿病網膜症、緑内障の診断や治療効果の判定に力を発揮します。また大きな特徴として、眼底写真を同じ装置で撮影することができます。眼科の検査は暗い部屋の中を移動していくつかの検査を行いますが、この装置があれば暗い部屋の中での移動を極力少なくすることができ、足や目の不自由な方が暗い中で移動することに伴う危険も減らせます。

設備6
設備7